トランサミンを飲むとアトピーは改善される?

トランサミンを飲むとアトピーはどうなる?

アトピー治療の為に皮膚科など病院に通っている方は、様々な薬品を処方されていると思いますが、トランサミンを処方されているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

トランサミンは止血効果を持っている薬なのですが、それだけではなくアトピーに対しても有効です。アトピーに対してはざっくり分けると下記の2種類の効果があります。

 

湿疹・かゆみ


トランサミンには止血効果があるという話をしましたが、アトピーなどによる湿疹・かゆみを軽減する作用もあります。これにはプラスミンという物質が関係してきます。

アトピーには直接関わりがありませんので、軽く触れる程度に解説します。体全体の血液が、固まりやすいか固まりづらいかというバランスは、フィブリン・プラスミンという2つの物質によってコントロールされています。フィブリンが強ければ血は固まりやすく、プラスミンが強ければ血は固まりづらいというシンプルなものです。トランサミンはこのうちプラスミンの力を弱めて血を固まりやすい状態としています。

 

プラスミンの働きは血液関連に限りません。実はアトピーなどのアレルギーを引き起こす原因物質の1つでもあるのです。トランサミンはプラスミンの力を弱めますので、アレルギー症状を抑えることもできるのです。

 

色素沈着


アトピーの症状が出てしまうと、かゆくてかきむしってしまう方も多いです。そんなかきすぎた場所には黒ずみなどの色素沈着が残ってしまうケースがあります。そんな色素沈着にもトランサミンは効きます。

 

皮膚の入れ替わり・色素沈着について

人間の体には新陳代謝という仕組みがあります。皮膚も同じで一定期間(約28日~56日)ですべて生まれ変わり、これをターンオーバーとよんでいます。

 

ここまで読んで、「全部入れ替わるなら何故シミや黒ずみは残るの?」と思われた方も多いでしょう。確かに丸々入れ替わってしまうのであれば、おかしな話です。シミや黒ずみが残ってしまう理由をお教えします。

 

皮膚のシミや黒ずみの元凶はメラノサイト(色素細胞)です。確かに皮膚はすべて入れ替わります。しかし、このメラノサイトが再び黒ずみの原因となるメラニンを放出してしまい結局また黒ずみが生まれてしまうという形です。

 

トランサミンはメラノサイトが黒ずみの原因になるメラニンを出すのを邪魔します。新たに黒ずみが生まれないのであれば、皮膚が生まれ変わりとともにその箇所は綺麗になるという理屈です。

 

しかし、前述のように皮膚の生まれ変わりには長ければ2か月程度かかります。トランサミンはあくまでも、新しい黒ずみの発生を防ぐのであって、既にできている物を消せるわけではありません。ターンオーバーの期間次第で効果が目に見えてくるのは遅くなります。

 

数日飲んだだけで「まったく効果がない!」などと勘違いせず、皮膚が入れ替わる目安の2か月程度待つようにして下さい。

 

トランサミンはあくまでもアトピーの原因となるものを根本から治してしまうような薬品とは違います。ですが、不快なアトピー症状を軽減したり、かきむしったことが原因の色素沈着に対する治療効果は持っています。

 

風邪を引いた時も、風邪の原因となるものを退治するような薬は出されません。あくまで咳を止めたり熱を下げる症状を緩和させる薬が処方されます。トランサミンについても似たようなものと思えばよいでしょう。

 

トランサミンの副作用は?

トランサミンは数ある薬の中でも副作用がかなり小さい薬品です。ですが、まったく副作用のない薬も存在しません。

 

前もって副作用について知識を持っておけば、いざ発症してからあわてることもありませんし、迅速に正しい対応ができるでしょう。

 

トランサミンのアレルギー症状

この症状が起こる確率は0.1%にも満たないですし、ほとんど起こらないと言ってもいいでしょう。ですが、症状自体は大きなものですから、厳重に警戒しておきましょう。

 

食べ物や飲み物にアレルギーがあるのはとても有名ですが、薬にもアレルギーはあります。薬アレルギーは副作用の大小とは全く関係なく、全ての薬に存在します。症状は軽ければ薬疹、つまり発疹くらいで済みますが、重ければ呼吸停止など命に関わってくるものになります。

 

気をつけなければならないのは、薬によるアレルギーの症状はアトピーの症状と似ている為に見分けづらいという点です。もし、トランサミンを飲んだ後に体がかゆくなってきても「アトピーの症状が出てるだけ」と思ってしまいがちです。そのように安易に考えずに「薬のアレルギーが出ているのかもしれない」という意識を持つようにして下さい。

 

薬疹の他の薬のアレルギー症状には↓のような物もあります。

・高熱
・目の充血
・まぶたの晴れ
・のどの痛み
・唇や陰部のただれ
・排尿や排便時に痛みを感じる
・黄疸
・息切れ

このような症状が現れたら、アトピーの悪化より薬アレルギーの疑いが強いです。即刻、服用をやめて医師に相談しましょう。

 

そして、アレルギーは症状が軽くても油断しないでください。初めてのアレルギー症状より、2回目、3回目の方が重いことがほとんどです。一度でもアレルギー症状が出てしまったら、その後トランサミンは服用禁止です。

 

消化器系へのダメージ

この副作用は0.1%~1%未満で、トランサミンの中ではもっとも多く表れる副作用です。

 

食欲不振
吐き気
嘔吐
下痢
胸やけ

 

症状としては上記のようなものがあります。これらは命を落とすようなものではないですが、重症化すればかなりつらいものがあります。

 

症状が現れたのであれば、なるべく担当の医師に報告するようにしましょう。

 

眠気

この眠気の副作用は発生確率0.1%未満ですので、発症する機会は少ないでしょう。

 

寝る前に飲むのであれば眠くなっても平気です。ですが、車の運転前に飲んで眠気が出てしまうのはとても危ないです。なので眠気の副作用が出てしまうようならば、服用量の配分や服用タイミングを考えるようにしましょう。

 

1日に1000mg服用する場合には、朝250mg、昼250mg、夜500mgという配分にして眠気が夜に多めに出るように調整してみるのも一つの手でしょう。

 

それでも、昼に強い眠気が出てしまうようであれば、医師に相談して対策してもらいましょう。

 

トランサミンには血栓リスクあり

トランサミンには血が固まりやすくなる効果があります。血栓があったり、高血圧気味の人は血管が詰まってしまう危険が高まるので、事前に医師にその旨告げてよく話し合った上で服用しましょう。

 

トランサミンはこんな薬


トランサミンは肝斑の改善効果など美白効果があると判明しています。

 

トランサミンはアミノ酸の一種であり、タンパク質を構成している必須アミノ酸であるリシンを人工的に合成した物になります。

 

炎症の原因となるプラスミンと呼ばれる物質の働きを抑える抗プラスミン効果を持っており、のどの腫れや口内炎にも効果がります。肝斑でない人が使っても人体に悪影響はありません。

 

肝斑の原因の一つとして女性ホルモンの乱れが原因だとも言われていますが、トランサミンは女性ホルモンに作用して何かする訳ではありません。

 

トランサミンはメラニンを発生させているメラノサイト活性化を阻止することで美白効果を得ます。

 
http://www.facepostfree.com/ http://www.jacobstadswapen.net/ http://levigatrice.net/ http://warhorseride2014.com/